2020年06月30日

足の臭いを防ぐには

汗そのものは臭いが無く、臭いの原因の大部分をしめているのは雑菌です。雑菌を繁殖させない為には、雑菌の嫌う環境を作る必要があります。その為には、靴の中を高温多湿にしないようにする事です。



■通気性のよい靴をはく


特に夏場では、空気を通すような通気性の良い靴を選んで履くようにしましょう。

■吸湿性の高い靴下をはく


吸湿性の高い靴下をはきましょう。ストッキングは、基本的に靴下に比べて汗を吸いません。これでは、雑菌を繁殖させてしまいます。

ストッキングも吸湿性の高いものを選びましょう。

またインソールを合わせて使うと効果があがります。



■靴を脱ぐ


外出中には無理ですが、オフィスなどではサンダルやスリッパにはき替えて、湿気を逃がすようにしましょう。



■.同じ靴をはかない


同じ靴は湿気の原因になります。2~3足を使いまわしましょう。


■靴のケアを忘れずに


靴の湿気を逃がす為に靴のケアをしましょう。


靴の水分は1日では逃げません。1日履いたら、次の日は風通しの良い場所に日陰干しましょう。


また、下駄箱は基本的に湿気が多く臭いの原因になりますので、除湿剤を入れたり新聞紙を敷いたりして、湿気を逃がすようにしましょう。


さらに、アルコール入りのウエットティッシュやスプレーで靴を殺菌し、雑菌を排除しましょう。


臭いを消臭する「フットスプレー」、足の臭いを調節する「フットパウダー」、「フットジェル」や「フットシート」、汗を拭き取る「制汗シート」や靴用の「乾燥剤」などの足の消臭グッズを使用するのも一つの手です。


■脂っこい食事(肉や乳製品)は、脂質の分泌が増えて、汗をかきやすくなります。意識して避けるようにしましょう。


ワキガの原因



Posted by privresy at 09:33│Comments(0)消臭
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
足の臭いを防ぐには
    コメント(0)